事業現状分析

いまだにインターネットを使えば、費用を掛けずに簡単に売上を増やせると思っている方も多くいらっしゃいます。インターネット黎明期であれば、確かにそれに近いこともありましたが、残念ながら今はそうではありません。インターネット上での戦いはとても厳しく、特定の手法ありきの施策、思いつきや場当たり的な施策では成果は出ません。

我々は、ただの制作会社ではありません。貴社から提示された資料をそのまま使って言われた通りに制作して終わりではなく、その後が大切。貴社に利益をもたらすことが出来て、初めて我々の仕事が完了すると考えています。

そのためには、貴社の事業そのものを正確に把握し、その上で戦略を立て、施策を立案し実行するという流れで仕事をしていきます。ですから、制作業務は施策の中の一つに過ぎません。

先ずは貴社を取り巻く経営環境のことを、ざっくばらんに色々とお聞かせ下さい。

分析内容

3C分析

顧客分析:

キーワードツールなどから検索ニーズおよびボリュームを調査。ユーザーモデルの把握。

競合分析:

ターゲットキーワードでの検索結果上位で、質が高いと思われるサイトの商品やコンテンツを分析。実店舗があればオフラインでの調査。

自社分析:

現行サイトを分析し課題を抽出。ビジネスモデルの分析。

ビジネスモデル分析

集客から売上までのフローを分析し課題を抽出。目指すべき目標値を設定。

ユーザーモデル化

検索キーワードを分析し、ユーザーモデルにグルーピング。それぞれのユーザーを評価し、ターゲットとするユーザー層を検討。

Webサイト分析

訪問数、平均ページ閲覧数、平均滞在時間、離脱率、コンバージョン率、流入比率、デバイス比率、売上などから、現状のパフォーマンスを確認。流入強化余地、コンバージョン率改善余地からWebサイト改善見込みを評価。